研修テーマ:これからの中小企業診断士に求められる中小企業向けデジタルマーケティング支援

研修テーマ
これからの中小企業診断士に求められる中小企業向けデジタルマーケティング支援

現在、中小企業にとって自社ホームページを持つことは珍しくなく、
SNSやブログなどは自社商品やサービスを知ってもらうための
広告宣伝媒体(カタログ)の役割を果たしている。
しかし多くの中小企業はこのようなデジタルメディアの効果的な
活用方法を熟知せず「とりあえず立ち上げている」というのが実情である。

本研修では中小企業診断士がマーケティング支援を行う際に
最新の「デジタルマーケティング」を考慮した成果の上がる
コンサルティングを行うための知識と手法を会得することを目的としている。
また、中小企業が活用することを考慮して、低コストで高い
費用対効果が見込まれる内容を、難しいIT用語を極力使用せず、
厳選してお伝えする。

【デジタルマーケティング概論】
最新のデジタルマーケティング動向を理解し、マーケティング手法の
「変化」を感じ取っていただく。
言うまでもなく「変化」に「対応」するものだけが
生き残れるわけであり、事業者である中小企業も助言する
立場の中小企業診断士も例外ではないことを認識していただき、
デジタルメディアの種類と活用課題を併せて提示する。

 【デジタルマーケティングのデモンストレーション】
デジタルマーケティングという概念を理解するために、デジタルマーケティングが
活用されたWebやMa11の動作を、デモンストレーションの形で体験いただく。

 【事例研究BtoCのデジタルマーケティング】
ネット時代の顧客が商品を購入するまでの足取りを、ケースを用いて追体験していただく。
次に、同ケースを販売事業者の立場に立って、顧客に購入してもらうための
デジタルマーケティング戦略を検討するために、グループワーク演習として
ディスカッションし、デジタルマーケティングにおけるコンサルティングの
成果物の1つである「カスタマージャーニーマップ」を作成いただく。

 【事例研究BtoBのデジタルマーケティング】
前項を踏まえ、BtoBにおけるネット時代の見込み顧客がお得意様になるまでの
足取りと、BtoBにおけるデジタルマーケティング戦略を、演習を交えて会得いただく。

 【デジタルマーケティングツールの導入プロセス】
具体的なデジタルマーケティングツールと導入プロセスを紹介し、
中小企業がデジタルマーケティング活用をどのように具現化していくかを解説する。

講師

皆川 真人
ムーブエフコンサルティング合同会社 代表
中小企業診断士、MBA、ITコーディネータ、PMP 資格保有

ソフトバンク株式会社、デロイトトーマツコンサルティング合同会社を経て、独立。
ソフトバンクではBC/DRコンサルティングに従事した後、法人向けクラウドサービスのプロダクト責任者・技術責任者・運用責任者を歴任。
デロイトでは大手企業クライアントを担当し、業務プロセス改善、IT戦略策定などを経験。
現在は、事業戦略策定支援、デジタルマーケティングを含む営業・マーケティング戦略策定支援、IT化支援などの専門性が高いコンサルティングを行っている。特にデジタルマーケティングやIT化支援に強みを持ち、独立行政法人中小企業基盤整備機構および一般社団法人クラウド利用促進機構のアドバイザーも務めている。
明治大学商学部卒業。名古屋商科大学大学院ビジネススクール修了(首席)。修士(経営学)。

日時2020年02月17日(月) 13:30~17:45 東京
2020年03月14日(土) 13:30~17:45 札幌
2020年03月23日(月) 13:30~17:45 大阪
場所ふれあい貸し会議室 東京駅八重洲 No4
東京都中央区八重洲1丁目9-8 八重洲藤山ビル4F

BIZ SHARE 札幌 セミナールーム
北海道札幌市中央区北1条西3丁目 ばらと北一条ビル

大阪産業創造館 研修室C
大阪市中央区本町1-4-5