研修テーマ:f-Bizモデルのセンター長・コーディネーターが実践する「成果を出す」中小企業支援

研修テーマ
f-Bizモデルのセンター長・コーディネーターが実践する「成果を出す」中小企業支援

富士市産業支援センターf-Bizの小出宗昭センター長が作り上げたBizモデルが実践している中小企業支援に必要な能力や心構えを理解し、実際の成果事例から「成果の出る支援」の本質を学び中小企業支援能力の向上を図ります。

1.f-Bizモデルのコーディネーターに求められるスキルと能力(座学)
f-Bizモデルのセンター長、コーディネーターに求められる中小企業支援者として必要なスキルと能力を理解し、その磨き方を学ぶことで、自分に足りないスキル・能力を自覚してもらうと同時に、日々の能力向上に役立てもらう。なぜ、このスキルや能力が必要なのかという疑問に答えるために、実際の成果事例とのスキル・能力を結びつけることで納得感の高い講義を行う。
<内容>
・富士市産業支援センターf-Bizを含めたBizモデルの紹介
・Bizモデルのコーディネーターに求められるスキル・能力、支援姿勢
・中小企業支援で成果を出すスキル、能力の使い方とその磨き方・身に着け方

2.成果実例に学ぶ実践に役立つ支援能力の開発 (座学・ワーク)
・成果事例の紹介(2~3事例の予定)
当センターの実際の成果事例を紹介し、相談プロセス、提案内容、実際の成果を確認することで、成果が出るまでの支援過程と成果が出たポイントを理解する。
・成果事例をもとにしたワークショップ(2~3事例程度)
当センターの成果事例を使いワークショップを行う。最初に相談者の概況、相談内容等、支援に必要な情報のみを参加者に与え、グループで提案内容を考えてもらう。その後、提案内容をグループごとに発表し、実際の支援事例と比べることで参加者に足りなかったスキルや能力、新しい視点などの気づきを得てもらう。最後に、今後どのようなスキル・能力を習得するのか、そのためにどのような行動をするかについてグループごとに話し合い、実際に行動に移す促しを行う。
※当研修で使う事例は守秘義務に基づき、研修に必要な要素は残した上で情報の一部又は全部を個人及び企業が特定されないよう改変することがあります。

講師

長友 慎治
昭和52年生まれ。
宮崎県清武町出身。
早稲田大学法学部卒業後、新聞広告の紙面製作会社やタウン誌・ミニコミ誌の編集長などを経て、2009年(32歳)にコンテンツ制作を手掛ける㈱囲炉裏を設立。その後、2012年に㈱博報堂ケトルに入社し、プロデューサー、ディレクターとしてメディアコンサル、コンテンツプロデュース、広告キャンペーン、SNSの運用、オウンドメディアの立ち上げ・運営などを手掛ける。
 
趣味・特技は登山やスキーなどのアウトドア活動、料理、落語鑑賞。
資格はスキー検定(SAJ)2級、フードアナリスト検定2級。

日時2020年3月14日(土)13:30 ~ 17:45
場所宮崎グリーンスフィア壱番館Kitenコンベンションホール※定員20名
宮崎県宮崎市錦町1番10号 KITENビル