研修テーマ:カレーで学ぶ中小企業における商品開発手法について

研修テーマ
カレーで学ぶ中小企業における商品開発手法について

<研修内容>
第1部 カレーで学ぶ中小企業における商品開発手法について
第1講座 商品開発基礎
カレー経営学&マーケティング学概論 ?カレービジネスの基本?
売れる商品と売れない商品の分かれ目は?
カレー街おこし成功の秘訣は?
なぜココイチのみ1,000店舗を達成し繁盛しているのか?
神保町カレーと銀座東京カレーの違い

第2講座 市場分析
カレートレンド分析 ?カレーの需要喚起?
食品業界の流行とカレーのヒット商品の歴史
成功する商品/店鋪の秘訣は?
ヒット商品が生まれる法則

第3講座 事例研究&ケーススタディ
カレー商品開発 ?レトルトカレーの開発方法?
400億円→500億円市場へと急成長中のレトルトカレー
レトルトカレーの開発から商品開発フローを習得

第2部 中小企業白書から見る中小企業経営支援の実態と今後について
経済産業省予算、白書、施策ハンドブック等から中小企業施策の動向を踏まえ、今年度ポイントとなる施策や、中小企業あるいは中小企業診断士の立場から重要と認められる施策、過去の活用施策について紹介、解説します。

講師

P_inoue

井上 岳久
(株)カレー総合研究所代表、カレー大學学長、井上戦略PRコンサルティング代表。
横濱カレーミュージアムの立ち上げ、プロデューサーを経て現職に至る。
カレー研究の第一人者であり、スープカレーやフレンチカレーなどのブームを巻き起こしたことでも有名である。大手食品メーカーをはじめとする1000以上ものカレー商品開発を手がけている。また、マーケティングPRの専門家としても活躍している。
中小企業診断士。中小企業庁・地域観光資源活性化アドバイザー、各商工会議所及び商工会の経営指導員、経済産業省・関東経済産業局ネットワークアドバイザーなどを歴任。事業創造大学院大学客員教授、昭和女子大学研究員。

日時2018年9月10日(月)13:30 ~ 17:45
場所タスクール
愛知県名古屋市千種区千種通7-25-1 サンライズ千種502